カーリースが法人ユーザーに選ばれる理由

ある調査によると車を100台以上保有する法人では、カーリースの利用率が75%と非常に高くなっています。つまり大企業の社用車は4台中3台がリース車で、現金やローンで購入するのは4台中1台しかないんですね。法人に自動車リース利用が盛んなのにはもちろん理由があります。それは購入よりもリースの方がメリットがたくさんあるからです。

法人がカーリースを利用するメリット

法人が車を購入せずカーリースで調達するメリットは、次のようなものがあります。

手元資金の温存が可能

自動車を購入する場合、車両代や初期登録費などでまとまった現金が必要です。しかし企業は設備投資や研究開発、人材採用など常に資金を必要としていますから、車の購入で事業拡大に必要なお金が乏しくなっては元も子もありません。その点リースなら月々わずかな支払いだけで済み、大切な資金を有効活用できるのです。

対外的な信用力維持

車は購入すると固定資産として資産計上する必要があります。現金(流動資産)の減少、借入金の増加など財務比率を悪化させてしまいます。リースを利用すればこういった事態をさけられ、対外的な信用力を保持することができるのです。

税金・保険・メンテナンスなども全額経費扱い

リース料は原則全額が経費処理扱いとなります。カーリースには車両代だけでなく自動車にかかる諸税や保険、メンテナンス費なども含まれますので、それらも全て経費として処理でき、節税効果が期待できます。

車両コストの把握が簡易

リース料は毎月一定ですから、車にかかるコストの把握が容易になります。ひいてはキャッシュフロー(現金の収支状況の把握)が見通しやすくなり、その分事業計画や予算を立てやすくなりますよね。

税金や保険の支払い業務が発生しない

自動車を購入すると税金や保険の支払い業務を自社で行う必要が生じます。車両の数が増えるほどその業務量は膨大になり通常業務を圧迫することに。大きな会社になるとそのための人員が何人も必要になる事も。リースなら税金、保険関係業務は全てリース会社にお任せできるので、業務効率を向上させることが可能です。

 

個人でも法人と同じようなメリットが得られる場合も

以上のようなメリットがあるため、法人ユーザーのカーリース利用率は個人に較べ圧倒的に高くなっています。しかし良く考えると上記の1、4、5は個人ユーザーでも同じメリットが得られることが分かります。

資金の有効活用

子供の進学や家の購入などに備えて現金を出来る限り残しておきたい人にとって、車を現金で買ったり、ローンでも頭金を用意することが難しい場合があると思います。そんな人にとって頭金不要で、車検や保険なども毎月の支払いだけで済ませられるカーリースは、資金の有効活用法として注目されても良いと思います。

車両コストの把握が簡易

車検代や自動車税などががかかる月は家計が赤字になる家庭って意外と多いんじゃないでしょうか?車に乗ることで発生する支払いはずっと一定の方が家計の計算がしやすく、やり繰りも楽ですよね。

税金や保険の支払い業務が発生しない

女性やご年寄りは特に、車を持つと面倒な手続きが発生して嫌という人も多いようです。しかしカーリースなら面倒な手続きはリース会社がしてくれますのでただ利用するだけで楽ちんです。

 

 

上記のように個人でもカーリースの利用で法人と同じようなメリットを感じられる場合もあるんです。では次に【個人カーリースの利用メリット】をより詳しく紹介していきます。

 

 

「コスモスマートビークル」ならガソリン代がずっとお得に!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コスモ石油は軽自動車が人気なんです!

車に安く乗りたいなら、保険の見直しもお忘れなく!

あなたの自動車保険、高すぎやしませんか?

いざという時に必要になる自動車保険(任意保険)。
でも、お世話になる機会ってあまりありませんよね。
使わないものに毎年何万円も払うのは嫌だけど、必要だし仕方ないよね・・・
そんなあなたに朗報です!

自動車保険一括見積りで保険料が年間3万円以上安くなった方が続出しています。もちろん見積もりは無料です。

平均30035円保険料が安くなる

最短5分で今の保険料が適正なのか?損をしていないか確認できますよ~^^

自動車保険一括見積もり


一括見積もりできる保険会社です

CMでお馴染みの保険会社も一括で見積もりが可能!