個人でカーリースを利用するデメリット

次に個人カーリースのデメリットとしてネット上で良く見られる意見を集めてみました。またこれらが本当にデメリットなのか?カーキチが本気で調べて導き出した結論を書いてありますので、是非参考にしてみてください。

個人カーリースのデメリットとして多く見られる意見

マイカーリースのデメリットとしては次のような意見が多く見られました。

 

  1. 中途解約は基本NG!やむを得ない場合でも多額の中途解約金が必要
  2. 盗難、事故に遭った時のリスクが大きい
  3. 車のドレスアップ・改造が制限される
  4. リース終了時残価が当初設定残価に満たないと差額を請求される
  5. リース会社の取り分が乗っかっているので、ローンに比べても損
  6. 走行距離が想定を超過すると、追加費用が発生する
中途解約は基本NG!やむを得ない場合でも多額の中途解約金が必要

カーリースでは契約時に決めたリース期間内の解約は基本的にはできません。どうしても解約をするなら、残りのリース料金相当額を一括で返済した上で車を返却する必要が出てしまいます。これではお金だけ払って車が無くなるだけで、確かにデメリットだと思います。

 

しかし車を購入後、1年や2年で手放すことってほとんど無いと思います。普通はその時のライフスタイルや家族構成を考えて5年や6年は乗り続ける前提で買いますよね?そうなると5年でカーリースを利用しても全く問題ないはずなんですよね。

 

解約できない=デメリット、と考えがちですがそもそも車、特に新車は長期で乗り続ける前提で買うものだと思います。短期で手放す可能性があるなら利用しなければ良いだけですよね。

盗難、事故に遭った時のリスクが大きい

盗難車

盗難に遭ったり全損事故で廃車する羽目になったような時、リース契約は強制的に解約となってしまいます。その際には残りのリース料金相当額を一括返済するように求められる恐ろしい事態になってしまう!という意見があります。

 

たしかに解約⇒一括返済にはなるんですが、これも現金購入した場合も変わりませんね。車が廃車になっても購入したお金は戻ってこないんですから。もちろん自動車保険に自分で入っていれば車両代は保険で賄えるのも現金、ローン購入時と同じです。

 

つまり大事なのはローンか?リースか?では無く、できる限り手厚い補償を受けられる自動車保険に入っていることなんじゃないの?とカーキチ的には思ってしまいます。

車のドレスアップ・改造が制限される

車の盗難

カーリースでも契約時にメーカーやディーラーのオプションを好みで選択しておけば、あなたの希望通りの車に乗ることができます。ただしリース契約後に改造したい、となると自分で購入した場合に較べると自由度は落ちてしまいます。リース契約が終了した後車を返却する際には原状回復(契約開始に戻す)必要があるからです。

 

車をいじるのが好きな人にはカーリースは向いていないと思います。そういう人はリースでは無くローンか現金一括を選ぶようにしてください。

リース終了時残価が当初設定残価に満たないと差額を請求される

どんな方法を選んでも車に大切に乗れば支払いは少なくて済む、というのが結論です。

 

カーリースではあらかじめリース終了時の車両売却価格を予測し頭金の代わりに支払いから免除することで、月々の支払額を低く抑えています。リース終了時に車が平均以上に痛んでいれば予測よりも低い金額でしか売れないため、差額分を負担する必要がある可能性も。

 

しかしこれは現金でもローンでも同じです。支払いが終われば車を自分のモノにできますが、その車の売値が高ければ得ですし、安ければ損をするわけです。車を大事に使うのか?適当に使うのか?で支払額から売却価格を引いた実質負担額が変わってきてしまいます。

リース会社の取り分が乗っかっているので、ローンに比べて損

リース会社の利益分が支払いに乗っているので損、という意見も見かけます。確かにリース会社の手数料と利息の支払いもリース料に乗っかっているので、単純比較すればローンよりも高いと言えるかもしれません。

 

ただしそれはリースとローンのどちらで車を手に入れてもサービスが同じだった場合です。すでに紹介したようにカーリースではローンで車を買う場合には受けられない様々なサービスを受けることができます。

 

車検費用が含まれていたり、法定点検も料金内で受けられるなど、ローンでは得られないメリットがたくさんあるのがカーリースです。その分多少の負担が増えることはある意味当たり前のことですよね?

走行距離が想定を超過すると、追加費用が発生する

車のメーター

カーリースではリース契約時に走行距離を選べるものと、最初から決められているものとがあります。どちらも設定した走行距離を超過した場合は追加料金が発生してしまいます。

 

ただし1km単位で細かく超過料金が発生するサービスと、多少の超過分は多めに見てくれるサービスとに分かれるようです。例えばORIX自動車のいまのり君では月間走行距離が2,000kmまでと決まっており、超過1kmにつき8円の追加料金を契約終了時に支払う必要が出てきます。

 

この辺りは会社ごとに異なる部分ですので、契約前にしっかり確認してリース終了時のトラブルを防止をしておきましょう。

 

マイカーリースのデメリットのまとめ

マイカーリースのデメリットとして考えられていることの多くは、見方を変えるとデメリットでも何でもないという事がお分かりいただけたでしょうか?大切なのはあなたにとってのマイカーリースはメリットが大きいのか?デメリットが大きいのか?です。

 

マイカーリースのメリットとデメリットを比較して、メリットが大きい人はリースを、デメリットの方が大きい人はローンなど他の方法を選択すれば良いでしょう。

 

 

「コスモスマートビークル」ならガソリン代がずっとお得に!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コスモ石油は軽自動車が人気なんです!

車に安く乗りたいなら、保険の見直しもお忘れなく!

あなたの自動車保険、高すぎやしませんか?

いざという時に必要になる自動車保険(任意保険)。
でも、お世話になる機会ってあまりありませんよね。
使わないものに毎年何万円も払うのは嫌だけど、必要だし仕方ないよね・・・
そんなあなたに朗報です!

自動車保険一括見積りで保険料が年間3万円以上安くなった方が続出しています。もちろん見積もりは無料です。

平均30035円保険料が安くなる

最短5分で今の保険料が適正なのか?損をしていないか確認できますよ~^^

自動車保険一括見積もり


一括見積もりできる保険会社です

CMでお馴染みの保険会社も一括で見積もりが可能!