まずはカーリースの仕組みを理解しましょう!

私たちは仕組みが分からない物事には興味がわきませんし、使いづらい、メリットが無いと思ってしまいがちです。カーリースのメリット・デメリットを検討するなら、まずはカーリースという契約の仕組みについてしっかり理解することから始めてください。

車の所有では無く、使用する権利を持つのがカーリース

カーリースでは車の所有者はリース会社などのファイナンス会社になります。私たちユーザーはファイナンス会社が自動車メーカーやディーラーから購入した車を、利用期間・プランを決めて借り受ける利用者になるのです。そのため車検証にも所有者欄には「ファイナンス会社名」、利用者欄には「ユーザー名」が記載されることになります。

カーリース相関図

 

カーリースは長期契約できるレンタカーのようなもの

カーリースは大雑把に言うと、長期間乗り続けることができるレンタカーと考えると分かりやすいです。

 

レンタカーは自分で整備する必要もないですし、車検に出す手間も費用もかかりませんよね?かかる費用は借りる際のレンタル料と走行距離に応じたガソリン代くらいで、レンタカー会社が常時メンテナンスしているからいつ借りても調子がいいし、万が一壊れてもユーザーに過失がなければ修理代を負担する必要もありません。

 

気軽に安心して車に乗れるのがレンタカーのメリットですね。そしてカーリースもこれにとても良く似ているんです。

 

カーリースでは車の法定点検や車検、自動車税などの税金の支払いはファイナンス会社が費用負担して行うことができます。これは車の所有者がファイナンス会社だからです。そのためユーザーは整備や税金、車検などを気にせず気軽に車を利用することができるというわけです。

 

リース料を決める元となる支払い額は、車両価格から契約満了時の車の残存価値(その時点の予想売却価格)を引いた額になるため、ローンに比べて月々の支払額を低く抑えることも可能です。

カーリースのイメージ

※画像:コスモ石油スマートビークルから引用

 

リース料には車に乗り続ける上で必要な費用がほぼ含まれる

毎月のリース料には車両代金だけでなく、自動車税や初期登録費用、期間中の車検費用や定期点検の費用、さらにオイル交換や消耗品の交換費用に至るまで全てが含まれます。(カーリースの種類によっては一部含まれない場合も)

 

スマートビークルのゴールドパックメンテナンス内容

車を所有すると自分でやらなければならない面倒なこと(車検や税金の支払い、定期メンテナンスなど)から解放されるのが、車を購入せず、契約期間中だけ「借りる」仕組みであるカーリースの特徴です。

 

カーリースの中でもメンテナンスが特に充実しているコスモ石油のスマートビークルを例にとれば(左図)、すでに説明した項目以外にタイヤ交換やバッテリー交換まで契約に含まれていて、さらにトラブル発生時のロードサービスも無料で付いてくるなど、サポートがテンコ盛りといった観があります。

 

マイカーリースはここまで説明したような様々な費用をあらかじめ契約期間で割って毎月の支払額を算出しています。そのため車検や定期メンテナンス、オイル交換を行う月にだけ出費が増え、家計を圧迫する(泣)、なんてこともほとんど気にしなくても良くなります。

カーリース利用時の出費額のイメージ

※画像:コスモ石油スマートビークルから引用

 

「コスモスマートビークル」ならガソリン代がずっとお得に!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コスモ石油は軽自動車が人気なんです!

車に安く乗りたいなら、保険の見直しもお忘れなく!

あなたの自動車保険、高すぎやしませんか?

いざという時に必要になる自動車保険(任意保険)。
でも、お世話になる機会ってあまりありませんよね。
使わないものに毎年何万円も払うのは嫌だけど、必要だし仕方ないよね・・・
そんなあなたに朗報です!

自動車保険一括見積りで保険料が年間3万円以上安くなった方が続出しています。もちろん見積もりは無料です。

平均30035円保険料が安くなる

最短5分で今の保険料が適正なのか?損をしていないか確認できますよ~^^

自動車保険一括見積もり


一括見積もりできる保険会社です

CMでお馴染みの保険会社も一括で見積もりが可能!